life
life of "love the life"

珈琲の美味しい店 : 河原町四条・Elephant Factory Coffee

6/6。23:00過ぎに作業が一段落したので気分転換に『Elephant Factory Coffee』(エレファントファクトリーコーヒー)へ。河原町四条の裏路地にある珈琲店。以下.写真はクリックで拡大。

木屋町三条を南下して立誠小学校跡(高倉小学校第二教育施設)の角を右折。右手に岬神社(土佐稲荷)の鳥居が現れたところで向かいのビルの谷間へ入り、少し進むと左手に煉瓦調タイル張りの急な屋外階段がある(上の写真左)。象のマークが入った木製の置き看板と壁に掲げられた簡素な切り文字ロゴを頼りに階段を上がり、2Fに着いたところで左の木製ドアを開けて店内へ。
フロアは狭く、横方向に細長い。右手向かいの窓際にカウンター。その奥にテーブルがひとつある。ドア正面にもテーブルがひとつ。左手にキッチンとレジカウンター、トイレがコンパクトに収まる。内装はざらついたグレーの塗装で覆われ、低く吊るされた乳白色のガラスシェードのペンダントライトが夜の店内に深い陰影をおとす。家具造作は古びた飴色の木製で、床も古材調のウッドフローリング。こうした質感と、フロアのあちこちに積み上げられた本や雑誌だけが、静かに特有の空気感を醸す。飾り気はほとんどない。マスター氏はもと雑貨店マネージャーとのこと。

この日もカウンターの中ほどに落ち着いて、ブレンドの5番とチーズケーキ。上の写真左と下の写真は1/13に奥のテーブルで撮ったもの。珈琲は北海道美幌の『豆灯』で焙煎されており、ラムレーズン入りのチョコレートを添えて供される。豊かにひろがる香りとさっぱりした後味。店のつくりと同様、余計な主張がなく美味い。深夜までの営業時間がこれまた実に有り難い。京都に越して数ヶ月。一日の締めくくりに訪ねる場所として、いち早く私たちの生活の一部になりつつある店のひとつだ。

Elephant Factory Coffee/京都府京都市中京区備前島町309-4 2F
075-212-1808/13:00-25:00/木休

2010年08月12日 20:00 | trackbacks (0) | comments (0)
comments

post a comment




*ご記入のメールアドレスはブログ管理者にのみ通知され非公開となります。



back|mail
copyright